飼育員さんのひなたぼっこ日記

さむーい冬は動物たちも寒い!

須坂市動物園は長野県でも北の方にあり、冬はとても寒いです。
このとても寒い冬を乗り越えなければ動物園の運営はできません。
飼育スタッフは自分の担当動物が風邪をひかないように、それぞれが工夫をしています。

トラやカラカルは寝室を床暖房にして、ストーブも炊いています。カンガルーもオーストラリアの暖かいところで暮らす動物ですから、夜は寝室に赤外線灯を点けて暖かくしています。床暖房が付いていない古い施設では、オシッコやウンチが付いても大丈夫なように電機カーペットを敷いて暖かくしてあげています。

その他にも夜間は獣舎にビニールのカーテンを設置し、北風や雪が入らないようにします。こうした様々な寒さ対策を行い、さむーい冬を乗り越えていくのです。

飼育スタッフ:コバカズ

ヒツジアカカンガルーのクララとマロニー

一覧へ戻る

PC版 | スマートフォン版